TOP 楽器通販サイト 楽器取扱店舗情報 イベント情報 JEUGIA楽器図鑑 Music Contents
JEUGIA楽器トップ各種サービスのご案内>音楽用語辞典
楽譜らんど
用途 こんな人のために
管弦楽・器楽・吹奏楽・合唱・軽音楽などの音楽活動をしている最中に、楽譜の下に記されている横文字の意味が分からずに、あるいは、気にしないで演奏したことはありませんか?
私は、よく出てくるイタリア語ならいざ知らず、ドイツ語やフランス語となると困ったことがよくありました。
分からないときに今直ぐ調べたい, さりとて練習会場へいつもかさばる辞典を持ち込む訳にはいかない。という経験はだれもお持ちだと思います。
楽器ケースやバッグにいつも携帯していたい、そんな人のための音楽辞典です。
現在,、これしか市販されていません。
〜「森島洋一著 ポケット判音楽用語辞典」より〜
概要 音楽用語辞典とは

いろいろな楽譜(スコア)を広げて単語を拾い集め、ポケットサイズ(手帳判・厚さは8mm)の音楽辞典を自費出版しました。中身を大幅に改訂して、現在第4版を発刊しました。本HPのWEB版は旧来のままです。

中身は、イタリア語・ドイツ語・フランス語・英語を中心に、6040語余りを収録しています。よく出てくる音楽表現上の用語はせいぜい500語(数えたことはありませんが)もあれば網羅できるので、6040語というと相当なものです。
もちろん、音楽に関わるありとあらゆる用語を含まないとこんな数になりません。熟語も含まれます。(ただし、邦楽関係の日本語やロシア語は含んでいません。)本来、外国語の発音をカタカナで表すのは無理がありますが、あえて全て読み方をカタカナで表記しているのも自慢です。
音楽用語ではないが、実際に表記上よく使われる前置詞(冠詞前置詞)も出来るだけ拾い集めました。打楽器奏者には特に便利です。

巻末には付録がついていて、例えば「次第にゆっくり」「次第に速く」「次第に大きく」「次第に小さく」「悲しい・苦しい」「喜・陽」という意味に相当するイタリア語・ドイツ語・フランス語が逆引きの形で収録してあったり、楽器の名前を国別に一覧表に表記するなど、作曲する人にもちょっとスペリングを確認するのに便利です。

ヤマハミュージック東京銀座店の6月調査でのベストセラーにランキングされ朝日新聞「所変われば」で紹介されました。京響の団員の方々や多くのプロ演奏家にも好評を得て活用してもらっています。
〜「森島洋一著 ポケット判音楽用語辞典」より〜
内容 意味は簡単です

用途は、「直ぐに何のことか分かる程度に」ということなので、長々とした分かり切った説明はしていません。詳細な意味は、市販の音楽辞典でゆっくりと調べて確認してください。

自分の経験から意味を記してあるところもあり、わりと独善的です。そこが、自費出版せざるを得なかった理由です。
〜「森島洋一著 ポケット判音楽用語辞典」より〜
入手方法 下記の楽器店にてお求めになれます。

JEUGIA三条本店4F楽譜売場、JEUGIA草津A-SQUARE店、リッツ楽器-瀬田駅前、ウインドミュージック、中村楽器、ミュージックエイト、ヤマハミュージック東京銀座店、ヤマハミュージック大阪心斎橋店、ヤマハミュージック瀬戸内ヤマハ広島店、石橋楽器店
著者 森島洋一氏について

著者:森島 洋一
著者は「音楽年鑑」(音楽の友社)に登録されております。
吹奏楽団「大津シンフォニックバンド」の指揮をしています。
大津シンフォニックバンドのホームページ http://www.osb.jp/